4匹のニャンズとのほのぼのとした日常
毎晩の日課
2017年07月05日 (水) | 編集 |
最近は、私がお風呂から出ると、夢生が毎晩私のベットにやってきます。

目的は光線治療器にあたる事。

170602_2255~01

風邪を引いたのか、ちょっとだけ涙目になってしまったので、私がいつも使っている光線治療器にあてたら、調子がいいらしく(温かいので)それからは毎晩日参するようになりました。

ただ光線にあてるとその日は治るんだけど、あてないとまた涙目になってしまうので、病院に行かないとダメですね。

170519_2307~02
人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。↑押していただけると嬉しいです
こたつより膝上
2017年03月20日 (月) | 編集 |
先日、膝乗り猫デビューを飾った夢生ですが、その後、とても気に入ったようで、今までずっと入っていたこたつに入らなくなりました(^-^;

誰かしら こたつに座れば 上に乗る

こんな状態が毎日続いていますww

雄ネコでガチムチな夢生は結構な重量があり、とにかく重い

そして、トントンを要求して鳴く

基本、夢生に乗られた人がその重いのに耐え、トントンと叩く事になっていて、複数人がこたつに座ると、そこはもはやロシアンルーレットとなり、毎日ドキドキです


170210_2142~01


人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。↑押していただけると嬉しいです
やっと膝乗り猫になりました。
2017年03月11日 (土) | 編集 |
猫を膝に乗せる。

これは飼い猫であれば、やってみたい事の1つです。

頭をなでるをレベル1とすれば、膝に乗せるはレベル2ぐらいでしょうか?

そのレベルを簡単に上がる猫もいれば、そうでない猫もいる。

生まれ育った環境や性格もあるでしょう。

我が家の猫で膝に乗れないのは夢生だけでした。

それが、それがですよ…事件です!(笑)

こたつ布団という媒体を通してですが、とうとう膝乗り猫になりました!

170210_2142~02

やれば、できるんです!できる子だった(笑)

どうしてできたかその過程を説明します。

①まず、腰パン(腰の辺りをトントン軽く叩く)をすると気持ちいい事を覚えさせる。

②それをこたつに入りながら近くにいる夢生にやってあげる。

③夢生が横にいると体制的に腰パンしにくいので、ちょと夢生を布団に乗せる形で叩くようにする。

④布団に乗る形の時にしか腰パンしないようにする。

⑤すると、腰パン=布団の上という事を夢生が覚える。

⑥常に布団の上に乗っているようになる。

以上です。

このまま、寝ちゃうこともあります。

冬限定ですが、なんかねぇ、嬉しいです。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。↑押していただけると嬉しいです
シャイから甘々
2016年12月17日 (土) | 編集 |

161207_0839~02

今や、家で唯一となった雄猫の夢生(むう)。

なんかねぇ、最近めんどくさいんです(笑)

私が仕事から帰ってコタツで一休みすると、横に来て待ってましたとばかりにツンツンして私を呼びます。

そしてその後、腰パン(背中の腰辺りをトントンすること)を強要されるんですww

無視すると、鳴く、わき腹に頭突き、背中が破れるんじゃないかと思うほどのツンツンとあきらめようとしないので、最後は根負けです。

頭を触られるのも嫌がっていた夢生が、今じゃあグイグイと来ます(笑)

161207_0840~01


人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。↑押していただけると嬉しいです
雨宿り
2016年05月07日 (土) | 編集 |
160404_0853~01

この窓は、はめ込み式のすりガラス。

台風とかひどい雨の日に、この窓の下にあるケーブルの線(外にある)にすずめが止まるんです。

鳴き声とシルエットでそれが鳥だと分かると、このポジションで待機する黒い男(笑)

雨宿りくらい、ゆっくりさせてあげなさい。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。↑押していただけると嬉しいです